何を学ぶか

授業内容 2019-07-29T15:32:24+00:00

“かっこいい大人”の4つの構成要素

“かっこいい大人”の4つの構成要素

1. 稼いでいる。経済的自立をしている。

1. 稼いでいる。経済的自立をしている。

今の時代を生きるために必要なのは、今の学校で教えられている内容(国語・算数・理科・社会)だけではありません。

学歴社会と終身雇用制度は終わりを迎え、良い学校を卒業して大企業に就職することよりも、人間としての本質を問われる時代になりました。

私たちが定義する、大人の義務教育の内容は以下の4つの軸で構成されています。

①お金 ②健康 ③人間力 ④日本の文化・歴史

①お金

お金のカテゴリーは、ビジネスと資産形成の2つに分かれます。
ビジネス分野では、経営とは何か?仕事とは何か?といった経営学の基礎的な考え方から、主にマーケティング、営業戦略について主に学びます。
資産形成分野では、労働収入で得たお金に働いてもらう複利の考え方に始まり、資本主義とは何か?お金とは何か?価値とは何か?といったことを学んでいきます。

②健康

健康のカテゴリーは、栄養(食育)と運動(メンテナンス)の2つに分かれます。
栄養(食育)分野では、「食べるものから體(からだ)はつくられる」という考えを基本に、身体の成り立ちと栄養素の関係、そしてデトックスに関して学びます。
運動(メンテナンス)分野では、きちんとした栄養を摂っても、身体の動かし方を間違えていると(主に姿勢)、日々の歪みが長年蓄積し、様々な症状がでてくることを学びます。
立ち方、歩き方、座り方、睡眠、呼吸、足つぼマッサージといった、毎日活用できる知識を体得します。

③人間力

人間力のカテゴリーは、人間力(自己啓発)と人間関係力(コミュニケーション)に2つに分かれます。
人間力(自己啓発)の分野では、まずは脳の特徴を知り、自分の特徴を知り、自分らしく自分の道を生きるにはどうすればいいかを学びます。
人間関係力(コミュニケーション)の分野では、家族、友人関係、パートナーとの関係、職場での関係といった、様々なシーンで円滑にコミュニケーションをとるために必要な知識とスキルを学びます。

④日本の文化・歴史

日本の文化・歴史のカテゴリーは、日本の文化・歴史分野と生活・環境分野の2つに分かれます。
日本の文化・歴史分野では、戦後GHQの政策によって失われつつある、日本の素晴らしい歴史と精神性を学び、日本人としての誇りと自信を取り戻す内容について学びます。
生活・環境分野では、毎日の生活で当たり前のようにしている挨拶、料理、掃除洗、お風呂といったことをただ学ぶだけでなく、持続可能な循環型の地球環境を意識したライフスタイルを学びます。

※4つのカテゴリーのカリキュラム詳細は、このページの下部で紹介されています。

学び方

授業内容

こんな授業があります。

※一例であり、変更することがあります。

必須受講科目(1st Grade)

※その時の時代に応じた必須科目を選出してお待ちしております。

今の自分の現状を知る

1. バースデーサイエンス(誕生日から個性を知る)
2.目標設定・目標達成
3. 夢に日付と金額を (目標と手段を確認)
4. ご縁の法則1 (本音の人間関係を確認)

得られるもの

まず、今の自分がどこにいて、どこに向かいたいと思っているのかの現状を把握します。自分や自分の立ち位置を正確に知ることで、これから何をどうしようて行けばいいのかの選択と判断を自分で素早くできるようになり、また確かな相談相手を選べるようになります。

今の日本の現状を知る

5. 日本の医療事情と日本人に必要な健康知識
6. 日本の農業と食環境
7. 日本の林業と住環境

得られるもの

今の日本の現状を学びます。日本にいながら、今の本当の日本を知らない人がほとんどです。今後、日本の未来のために何をすればいいのか、そして、その手段はどんなものがあるのかの概要を学びます。

世界の歴史と経済を知る

8. ちゃぶ台の話1 (環境の重要性と情報の非対称性)
9. 資産形成(家計簿の重要性と投資の基礎知識)
10.世界から見た日本の歴史(日本の素晴らしさを知り、志と誇りを持つ)
11. 日本の財政状況と世界の可能性(HUB の機能と考え方を学ぶ)

得られるもの

今の日本の現実は、どこから来ているのか?その理由や原因の概要を学びます。今の自分には何ができる?日本を、世界を変えるために自分ならどうする?学んだことをあなたの未来の一歩に活かして下さい。
ちゃぶ台スクール紹介
授業内容
会社概要
入学案内